FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

BLの終焉

Rあり、男性同士の恋愛小説を載せております。

Shangri‐La 25 

Shangri‐La 25





「…大野さん、なんかザワザワしてきましたね」

前室で僕の傍にやって来た京都旅行が待ってる鈴木さん。

「今朝のネットニュースですか。
代議士らしからぬ醜聞ですね」

「野党の議員だから良かった…と、言いたいとこですけど保守党の若手もいたらしいと噂があるし…」

事件はこうだ。

ホテルの議員のパーティーに国家権力を使い
アイドルグループを呼んだと言うこと。
おまけにお土産まで渡したらしい。

そのパーティーの画像がネットで流れてしまった。

年末はあまりニュースがないらしく
マスコミは飛びつく訳だ。

「…官房長官は記者会見しなきゃならないでしょ?
僕たち旅行行ってる場合じゃないかも」

「副長官に任せて…は、無理ですね。
でも鈴木さんは出掛けて下さい」

「どうしてです?」

「宮田さんと私でなんとかなりますから」

「大野さんは沖縄行くんですよね?」

「こんな時に幹事長が永田町を離れる事は
できませんよ、官房長官と同様に」

「でも折角のお休みなのに…なんとか広がらずに
済めばいいんだけど…」

年末はワイドショーもないし
録画のバラエティー番組が多い、
大丈夫かも知れないと考えたんだけど甘かった。

ネットの威力は絶大だ。

毎時間ごとに流れる情報や画像が
取材攻勢に拍車をかけ翌日はもう議員会館前や
議事堂内は記者で溢れかえっていた。

「皆さん、下がって下さい!
幹事長の会見はありません!」

幹事長室の前で今井さんが叫ぶように言う。

僕と湊はそっと逃げるように通ろうとしたら
…捕まった。

「的場官房長官!
今回の事はどなたが説明して下さるんですか!?」

「自由党の田仲議員とうちの宮崎議員は同郷で
仲が良いですからお二人に会見でも開いてもらいますかね」

「いつになりますか!?」

「年の瀬も迫ってるんで明日までにはやらせます」

「本当ですか!確約できますか!?」

湊……キレるかも。

「しつこい!
何度も同じことを聞くなっ」

「先生!」

慌てて引きずるようにその場から逃げた。


「もう何度おなじこと繰り返すんですか。
大概大人になってください。
総理候補ですよ!」

「幹事長がいる」

「辞退されるでしょう」

「ああ!だからあの特別委員会か」

「詳しくお話しして下さいませんか」

腕組みしてうーんって感じっで黙る湊。

と、マスコミがやって来るのが見えた。


「…まずいです!逃げましょう」

「OK、逃げよう」


こんなんじゃ休みどころじゃない。

慣れてるけどね。

状況がかわるかどうかー
微妙だ。




続く




本日も沢山の拍手、ご訪問ありがとうございました。

今年もこのような僻地に野越え山越え来てくださり
皆様のご厚情に大変感謝いたしております。
来年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

よいお年をお迎えください🙆

Category: 大野敦の憂鬱 21

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://haru1924.blog.fc2.com/tb.php/3979-0c276048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09