FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

BLの終焉

Rあり、男性同士の恋愛小説を載せております。

Shangri‐La 26 

Shangri‐La 26





「なんだよ、全く。
宮崎の阿呆!
下らないことしてくれる!」

「激昂せずに!」

議員のスキャンダルなんてどうでもいい湊も
さすがに怒ってる。

「ここにいたくないんだよね。
この時期に」

「仕事です。
マスコミ対応は官房長官の役目じゃないですか」

「蒼唯がホテルにいるのにさ」

「早いですね。
まだ2日ありますよ。
年明けは3日まででしたね」

「きみらもそうだろうけど今年はたまたま
休めることになったから楽しみにしてたんだ。
僕も蒼唯も」

「なんとも言えませんけど職務は遂行して下さい」

「きみだって沖縄行くんだろ!?」

「諦めておられるでしょう、幹事長も。
党の議員のスキャンダルで大変なときに
ここを離れる訳にはいきません」

「……しかしさあ…
幹事長も総理も官房長官も血の通った人間で
プライベートもあるんだ」

「甘い。
すべて国民の為に捧げるつもりのない人間が
議員になってはならないんです。
あなたはそのつもりもなく国会議員になったんですか?」

「…分かってるけど…辛いもんだね。
あっちゃんと一緒にいられるだけマシか」

「いますよ。
私はあなたの秘書だから」

「タメで言ってよ」

「僕は湊の秘書だからね。
…これで数日我慢できる?」

「我慢するしかない。
でも年が明けても引きずりそうだな」

「今年最後の定例会見になればいいんだけど」

「あっちゃん、何か考えてよ」

「僕は秘書!
代議士についていくだけなんだから
自分が先頭に立ってやろうとしないと」

「今の頭じゃ考えられない」

「蒼唯さんにLINEは?」

「一応してるけどあの子返しが遅くてね」

「わざとじゃないかな。
湊に心配してほしいのかも知れない」

「そうか。
そうなら超可愛いじゃないか!」

今頃何言ってるんだか。

「蒼唯さんは高校生の頃から可愛いでしょうに」

「雪が降ってた」

「…雪?」

「初めて会ったのは江崎先生の事務所だったかな。
で、次がうちの後援会事務所の近く」

「じゃ渋谷」

「そう。
センター街で怪しい連中とつるんでるとこ見かけて
捕まえて説教したんだ。
ファストフード店の窓から二人して雪を見てたんだ。
それが印象深くて忘れられない」

まだ僕が湊に恋してた頃だ。

引導を渡された時…かな。

「若い子過ぎるから何回も注意したけど
離れなかったのは運命の相手だったからでしょうね」

「会うなって言われたよ。
…少しでも嫉妬してくれた?」

超ムカつく…

「してなかったし!」

「正直に言ってごらんよ。
なんでも好きなもの買ってあげるから」

「はい、してました。
正直に言ったからスーツ買ってもらおうかな、
オーダーメイドの」

それはもう、経験したことのない苦しい恋だった。
どれだけ高いものを買ってもらってもバチが当たらない程の。

今は…思い出でしかないけど。


「あっちゃんは物欲がないからほんと、何を買っていいのか分からなくてさイヤな顔された」

「冗談。
悠也さんにねだるから要らないです」

「…そう言うと思った。
あれ?LINEじゃない?」

テーブルの上、僕のスマホがLINEの着信を伝えた。

……悠也さんだ。

「……」

「なんて言ってきたの?
早く帰れって?」

「…いいえ」

恥ずかしくて言えないよ。

こんな時に…。

「夜は空けといてって?」

「違…っ!
ただ愛情を言葉にして下さっただけですっ」

「ふーん、愛してるとか言うよね、幹事長は」

「え…っ…まあ…普通でしょ」

狼狽えても仕方ない。
どうせ湊に嘘を吐いても無駄なんだ。

「沖縄行けるといいね」

「…ダメでしょう」

「ネガティブだね随分」

「ダメだと思ってる方が楽だから」

「あっちゃんはいつもそうやって自制してる。
欲しいものに手を伸ばさないんだ。
僕が行けって言ってるのに行けないって言う?」

「秘書でいる限りはその仕事を優先するのが
僕の矜持だから」

「だけど幹事長はー」

「僕のオトコは心が広いんで
グダグダ文句は言わない」

「…うちの事務所は男前揃いで僕の影は薄れるばかりだよ」

文句を言うオトコはここにいる。

蒼唯さんならそこも可愛いと言うだろうか。




続く




本日も沢山の拍手、ご訪問ありがとうございました。

あけましておめでとうございます🙋
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

行けるとこまで頑張ります☺

Category: 大野敦の憂鬱 21

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://haru1924.blog.fc2.com/tb.php/3980-2036c8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-12