FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

BLの終焉

Rあり、男性同士の恋愛小説を載せております。

Shangri‐La 35  

Shangri‐La 35





「……でもコンドーム用意した意味あるんですか」

「ごめんっ
そのまま挿れたくて我慢できなかった…」

「いつものことですからいいんです」

最初の情交の時も中出しして慌ててた。
原状回復とか言って指で掻き出されすごく身悶えた記憶がある。

確信犯だとその時は思ったんだけど。

優しく抱き寄せる彼に悪意はない。


「…僕の色香にやられましたね」

僕の頭の上で彼は大きなため息をつき
「やられた。
やられました、マジで萌えた」
そう言った。

「急がなくてもお付き合いしますから」

「本当だね!?
途中でバスルームに逃げないね?」

「…逃げません。
僕、発情期みたいだから」

彼の萎えていたぺニスが固くエレクトするのを
肌で感じた。

「……あのさ、煽るんなら泣き言は無しだよ」

わざと煽ったんだからしょうがないか。

「望むところです」


…と、再び彼の唇と指が動き出す。

肩から背中、お尻やつま先まで指で辿ると
また柔らかく太股からお尻を揉む彼。

「…掻き出してあげようか」

「えっ」

「ちょっと待ってて」

そう言って裸のまま出ていくとバスタオルと
暖かい濡れタオルを持ってきた。

「溢れるから綺麗にしておこう」

「バスルームに行って自分でします!」

「ダメダメ。
こんなオイシイこと私がやらなきゃ」

僕をさっさと横にしてゼリーを塗った指を
押し入れた。

途端に身体が熱くなる。

「…や…だ…っ、もう!」

中で蠢く指が僕の敏感なところを抉るから
たまらない。

「そんなに締めたら掻き出せないじゃないか」

「意地悪するんなら…もう、今夜はしない!」

「ああ、ごめんごめん!」

慌てて自分の精液を僕の中から掻き出し
暖かいタオルで清めてくれた。

「……はあ…気持ちいいな敦くんの身体は」

清めた僕の身体を抱き締め囁く彼。

「…僕が何も感じてないと思っているんですか?」

「いいや、でもきみが私に与えてくれる快感は
きみが感じる快感より大きいんじゃないかな」

「愛の深さを言いたいんですか」

彼の胸に額を擦り付け尋ねた。

「うーん、私はきみのことだけずっと想っていたからね」

「……頭のいいあなたがそんなこと言いますか?
長さじゃないでしょう?
僕とあなたは同じだけ恋しあってる。
それでいいじゃありませんか」

「…言葉にすると陳腐でもどかしい」

「言葉にしなくても身体で示してくれてますけど?」

「…バレた?」

クスッと笑うと彼は僕にキスして
エレクトした熱い塊を僕の性器にこすり付けた。

「……ゆう…や、さんっ…」

そんなことしたら感じるじゃないですか。

「ダメだ。
我慢できない、もう1回…」

「…1回?」

「え、うん…もう1回くらい…かな?」



もう1回で済むとは思えませんけど。




続く




本日も沢山の拍手、ご訪問ありがとうございました。

Category: 大野敦の憂鬱 21

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://haru1924.blog.fc2.com/tb.php/3992-5a00ba5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-12