Admin   Newentry   Upload   Allarchives

BLの終焉

Rあり、男性同士の恋愛小説を載せております。

水星の欠片 28 

水星の欠片 28





「…本当だったらすごいおじいちゃんだよ?
それでも…いいの?」

「……好きなことに変わりないから」

指が胸から下に降りて行くと馨の身体が
火照るのが分かった。

俺も…熱いな。
どこもかしこも。

「…たける…指…入れるんだよね…」

馨もネットで勉強したと言っていた。
勿論、自分もだけど。

「オイル垂らすね、ちょっとだけ」

「…うん」

「痛かったら言って」

「大丈夫」

馨の白くて華奢な身体…
それでいて柔らかい膨らみ。
そこを滑り落りると馨の言うところの菊の花。

そこにベビーオイルを塗りゆっくり指を押し入れた。

「…平気?」
そう尋ねると
小さな花びらみたいな唇を薄く開き
頷く馨。

「もう少し奥かな…」

馨も知ってる筈の感じるスポット。

ほんの少しせり出てる前立腺を
きゅっと指先で擦ると
ビクッと身体が反応したから間違いない。
ソコを中心に指を出し入れしたらー

「…あ…これが…気持ち良いってこと…?」

「…そうみたいだね」

薄い茂みから勃起したピンクのぺニスの先から
体液が溢れるのは感じてる証拠だ。

こっちも興奮しちゃって…ヤバい。

でも自分より馨を初めてのセックスで
感じさせてあげたかったから
指で愛撫しながらぺニスを口に含んだ。

「あ…ん、ダメ…たけ…る…出ちゃう…っ」

先端から根元までチュッとキスしながら舐めると馨の身体がぎゅっと強ばり
僕の口腔にトクッと吐精し、身体が弛緩した。

「健ごめん!早く吐き出して」

枕元のテイッシュを渡してくれたけど
出すつもりなんてまるでなかった。

「…いいよ。
もう飲んじゃったから」

「えっ!大丈夫なの!?」

「大丈夫。
逆になんか興奮した。
馨のが俺の中に入ったんだと思うと
興奮したし嬉しいし…」

「…僕も…僕も健の舐めたいし触りたい」

「じゃ交替しようか」

お互い身体を移動させると俺の太腿の間に
顔を埋めた。

ビロードのような舌が同じように蠢くと
とっくに勃起してた俺なんて
あっという間に限界。

「馨!ヤバい」

えっ?という感じで顔を離した馨の
口元と頬に迸らせてしまった……最低。

慌てて彼の頬を拭って胸に抱き上げた。

情けない…でも初めてのセックスだから許して。

「……すごい健」

「何が?最低だよ、ごめん…」

「だから顔射!ネットで見たよ僕。
そういうプレイなんだよねっ」

がんしゃ!?
えー…そんなことまで調べてたんだ!

「あったかくて、すごく興奮した」

「天使みたいな馨も興奮するんだ…」

「…だって、分かるでしょう?」

指で慣らしているときから勃起してたけど
本当に気持ち良かったんだ馨も。

「でもまだ…結ばれてない」

「お互い初めてだから…ゆっくりね」

「…ゆっくり楽しむってこと?」

……馨は…エロカワ。

顔とのギャップ萌えに今出したばっかなのに
また疼き始めた。

馨の身体も俺の身体も…また熱くなったし。

でもまだだ。
「…馨、ここ舐めていい?」
聞く前にもう胸を触って唇を押し当てていた。

色が白いと乳首もピンクなんだと思いながら
チュッと吸うと馨の身体が反って
「…あっ…」
喘いだ。

……ここも感じるんだ。

「馨、目を開けてこっち見て」

潤んだ瞳が俺のことを真っ直ぐ見つめた。

少し目尻が色づいて…何て言うか
誘ってるみたいだ。

そんな顔されてストップできないからね。




続く



本日も沢山の拍手、ご訪問ありがとうございました。

Category: 水星の欠片

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://haru1924.blog.fc2.com/tb.php/4041-0ef4c38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-06